プロフィール

しらたましらたん

Author:しらたましらたん
しらたんは、めっちゃアニヲタです!
アニメならなんでも大好き!
コスプレイヤーとして活動中!

天橋立でうまれて
現在はお酒屋さんをしています!コスプレの衣装も制作してます☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガを読む、感じる、そして描く!

マンガをかくとか親しむとか!
そういうことは、きっかけ次第なので
これを機にもっと世界広げよう
読むだけではない、マンガを

夏休み特別えむえむワークショップ2012
マンガが描きたい!~この夏、思いっきりマンガを描こう!

2012年 
7月 28日 (土)、29日 (日)、30日 (月)、31日 (火)
8月 4日 (土)、5日 (日)、6日 (月)、7日 (火)、11日 (土)、12日 (日)、13日 (月)、14日 (火)

午後 0時30分~5時  ※詳細は各コース参照

会場 京都国際マンガミュ-ジアム 3階 研究室1

体験時間 約4時間30分 (休憩30分含む)

料金 お1人様 2,000円(材料費込)
※ミュージアムへの入場料は別途必要です
定員 各コース20名(要事前申込、先着順) ※参加人数が多数の場合はご相談ください
対象 小学4年生以上
申込方法 このページの一番下にある申し込みフォーム必要事項を入力のうえ申込み。
(定員になり次第申込締切り)
持ち物 有り ※詳細は各コース参照
スポンサーサイト
CATEGORY:京都精華大学・国際マンガミュージアム

THEME:今日のつぶやき | GENRE:ブログ

絵師!100人!これ絶対いくべき

特別展
絵師100人展 京都篇


マンガをはじめ、アニメやゲーム、ライトノベルといわれる小説の挿絵といった領域で活躍するイラストレーター達は、江戸時代の浮世絵師になぞらえて、しばしば「絵師」の名で呼ばれています。彼らが築きあげたスタイルは、日本発のポピュラーカルチャーとして世界的にも注目されつつあります。
この度、京都国際マンガミュージアムでは、春の特別展として、総勢105名の現代の絵師たちが「日本」をテーマに描き下ろしたイラスト作品を一同に集めた「絵師100人展 京都篇」を開催いたします。
2011年に秋葉原でも開催され話題をさらった「絵師100人展」がパワーアップして京都で開催されます。
是非ご参加ください。

2012年3月17日(土)~6月24日(日)
◇午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
◇休館日:毎週水曜日(休祝日の場合翌日)
※ただし、5月2日(水)は開館
会場 京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー1・2・3

料金
特別展観覧料 大人1,000円、中高生500円、小学生100円
※ただし、ミュージアム入場料(大人800円、 中高生300円、 小学生100円)含む
※出展絵師によるイラストレーションがプリントされた特別展オリジナルチケット(10種)を2/24(金)より京都国際マンガミュージアムにて販売。 (注)他の割引、優待などとの併用はできません
painter100_pst.jpg
CATEGORY:京都精華大学・国際マンガミュージアム

THEME:今日のつぶやき | GENRE:ブログ

京都精華大学!デザイン!

京都美術館本館

9:00~17:00 (入場は16:30まで)

卒業・修了制作展 (芸術学部、デザイン学部、芸術研究科、デザイン研究科)
芸術学部、デザイン学部、芸術研究科、デザイン研究科の卒業・修了制作展を開催します。

芸術学部 洋画 日本画 立体造形 陶芸 テキスタイル 版画 映像
デザイン学部 グラフィックデザイン イラストレーション デジタルクリエイション
プロダクトコミュニケーションデザイン インテリアプロダクトデザイン 建築
芸術研究科 デザイン研究科 【芸術学部】 日本画コース学生によるレビュー会
日時:2月19日(日) 13:00~15:00
会場:京都市美術館 本館2階

学生による卒業制作作品のプレゼンテーション、教員による講評を行います。

【芸術学部】 立体造形コース作品講評会
日時:2月15日(水) 13:00~15:30
会場:京都市美術館 本館2階


学生による卒業制作作品の解説、教員による講評を行います。

【デザイン学部】 プロダクトデザイン学科プレゼンテーション
日時:2月18日(土) 13:00~15:00
会場:京都市美術館 本館2階

学生による卒業制作作品のプレゼンテーションを行います。制作者自身がデザインに込めた想いやアイデアの原点について熱く語ります。

【デザイン学部】 建築学科卒業設計公開講評会
日時:2月19日(日) 13:00~15:30
会場:京都市美術館 本館1階

卒業設計を本学教員とゲストの建築家・遠藤秀平氏による、多角的な評価軸でのクリティーク、ディスカッションを通して講評します。

京都市美術館 本館

京都市左京区岡崎円勝寺町124/TEL 075-771-4104
市バス「京都会館美術館前」下車すぐ、または地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩10分

http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/index.html

京都精華大学!M1!

京都市美術館別館
9:00~17:00 (入場は16:30まで)

M1展
芸術研究科、デザイン研究科の1年生による作品展。

大学院の授業を担当する長谷川祐子氏によるキュレーション。

手技に学ぶ 京都の伝統産業実習展
特別展示 “織の復元:文化を織る、思いをつなぐ。” ―祇園祭霰天神山・懸装品 復元新調の軌跡―

伝統工芸・産業の現場で学ぶ授業「京都の伝統産業実習」に参加した学生が実習にて制作した作品と、実習先の概要を紹介。また祇園祭霰天神山・懸装品とその復元新調に関わる資料も展示します。

「ギャラリートーク」
日時:2月18日(土) 15:30~16:30
会場:京都市美術館 別館1階

学生による報告プレゼンテーション。

京都市美術館 別館

京都市左京区岡崎円勝寺町124/TEL 075-771-4104
市バス「京都会館美術館前」下車すぐ、または地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩10分

http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/index.html
CATEGORY:京都精華大学・国際マンガミュージアム

THEME:今日のつぶやき | GENRE:ブログ

京都精華大学!マンガ!

京都国際マンガミュージアムより!お知らせです。

京都 マンガ・アニメウィーク
2011年度京都精華大学マンガ学部卒業・修了制作展
開催日:2012/2/15~19
卒業・修了制作展 (マンガ学部、マンガ研究科)
マンガ学部、マンガ研究科の卒業・修了制作展を開催します。


マンガ学部 カートゥーン ストーリーマンガ アニメーション マンガプロデュース
マンガ研究科 【マンガ学部】 アニメーション優秀作品上映会
日時:2月15日(水)~19日(日)
会場:京都国際マンガミュージアム 多目的映像ホール

アニメーション学科恒例の上映会。本年度の卒業制作作品の中から優秀な作品を選抜し、完全シネスタイル&サラウンドサウンドで一挙に上映します。

【マンガ学部・研究科】 マンガワークショップ・講義
会場:京都国際マンガミュージアム 3階 研究室1

マンガ学部とマンガ研究科の学生によるワークショップや教員による講義を開催します。



●四コマ道場「みんなで描こう!誰でも描けるよ!四コマ道場!!」
日時:2月16日(木) 1部:13:00~、2部:16:00~
内容:四コマ漫画の最後の落ちを考えたり、四コマのセリフが書かれてないコマに自分なりにセリフを書いていく授業。
対象:小学生以上

●4Pマンガ講座「シナリオを原作にマンガを描いてみよう!」
日時:2月17日(金) 1部:13:00~、2部:16:00~
内容:コマの割り方など基本的なマンガ画面構成のレッスンをした後に、ショートストーリーを原作にして、4Pのマンガを描きます。ペンなどは使わず、エンピツ、シャーペンを使用したラフなものなので、初心者でも気楽に参加できます。
対象:中学生以上

●講義 次世代のマンガ・プロデュース「激変する出版業界で生き残るマンガとは?」
日時:2月18日(土) 14:00~
内容:のだめカンタービレ担当編集・京都精華大学マンガプロデュース学科准教授 三河かおり 講義
低迷している出版業界の現状、暗中模索状態の新メディアの今後、構造不況と言われている出版業界において、マンガを発信していくためには、今何をすべきなのか?次世代のマンガについて一緒に考えるための講義です。
対象:高校生以上

●描き込みマンガ教室「絵を描かなくてもマンガが描ける!?」
日時:2月19日(日) 1部:13:00~、2部:16:00~
内容:コマ割りしてある画面に、いろいろなマンガ的効果を書き込んで、台詞をつけるだけでマンガが出来上がる、短い時間で簡単にマンガ創りが楽しめるワークショップです。
対象:小学生以上

【芸術研究科】 公開研究会
「広がりつつあるマンガ研究 京都精華大学芸術研究科博士後期課程院生による報告会」
日時:2月15日(水) 13:30~17:30
会場:京都国際マンガミュージアム 3階 研究室1

マンガを研究する院生による研究発表会を行います。

[1]具本媛「コマ割り研究 マンガ表現における“文化交流”をめぐって」
[2]アンヘラ・モレノ「北米のMANGA オールタナティヴ・コミックの一種?」
[3]羅ヨウヨウ「批評的マンガの現在 欧米と中国の作家を中心に」
[4]焦凡「中国特有のマンガ?連環画の再検討」
[5]安希庭「マンガ絵本論」
[6]金考源「日本マンガ産業と韓国マンガ産業の比較」

司会:ジャクリーヌ・ベルント(京都精華大学マンガ学部教授)


※2/15(水)は水曜日ですが開館します
※会期中はミュージアム入場料が無料となります
※会期中は他学部の会場を結ぶシャトルバスが運行されます
※会期中はメインギャラリーのメイン展示「マンガって何?」をご覧いただくことはできません。
※2/18(土)、19(日)のえむえむワークショップ「顔の描きかたをマスターしよう!」は開催されません。

京都精華大学のパワー!すごいですね
しらたんも応援してます。

CATEGORY:京都精華大学・国際マンガミュージアム

THEME:今日のつぶやき | GENRE:ブログ
しらたましらたん
しらたましらたん
しらたんは、めっちゃアニヲタです!
アニメならなんでも大好き!
コスプレイヤーとして活動中!

天橋立でうまれて
現在はお酒屋さんをしています!コスプレの衣装も制作してます☆
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。